スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

WMWifiRouter ライセンス無料化

WindowsMobileでテザリングを可能にする高額アプリが、WM用マーケット閉鎖で無料化された。
http://www.wmwifirouter.com/
license codeが公開されている。
先月W-SIMを解約してしまったので試せないのが残念。
スポンサーサイト

Tag:Windows Mobile  Trackback:0 comment:0 

WindowsMobile Advanced/W-ZERO3[es]  Fring GPS NaviComputer ローカルMap Android

WindowsMobile Advanced/W-ZERO3[es]



fring

WindowsMobile用のSkypeは既に公開中止になっており、前にダウンロードしておいたものをインストールしてみたがサーバーにアクセスできず使い物にならない。元々PHSの回線ではSkypeはまともに通話できなかったので期待はしていなかった。

Fringを試してみた。音声が途切れない。十分に実用になる音質。
adesfring.jpg
起動しておかないと受信できない事と、
起動すると常時ダイヤルアップになってしまう事が問題なのでそれのせいで話題にならないようだが、
通話したい相手にメールしておけば良いので、不便ではあるが通信専用端末でも音声通話が可能になる。

スピーカーから音が出てしまう場合は以下の切り替えショートカットを作成すれば切り替えが出来るようになる。
\Windows\ChgSndOut.exe




秋月のGPS

秋月GPS ・・・RS232 USB Serial Driver。232usb.dllを\windowsに、232usb.exeを\program filesにコピー。232usb.exe実行、NEW、Connect Device Nowの表示、GT-730-FL/SのスイッチをONにしてアドエスに接続、OKを押す、Serial Cableにチェックを入れる、×を押して終了。

MiniAケーブル(USBホスト) ・・・USB MiniBオスの4pinと5pinをハンダ接続してMiniA化。ハンダできない場合は秋葉原のオヤイデ脇の店のレジ脇にUSB Aメス-MiniAオスケーブルあり。

Mobile GoogleMapのGPS設定
秋月GPSの電源をONしてからアドエスに接続。
GoogleMap起動。
→「メニュー」→「設定」→「GPS設定」
→「手動で設定」をチェック・「COM5」・「38400」→「OK」
→「GPSを使用」をチェック→「閉じる」




ローカルMAP

3種類確認。
NaviComputer http://www.redistribution.cc/blog/20100118_1010.html
gpsVP http://kantha.seesaa.net/article/146129370.html
Terracrosser http://zzr249.blog36.fc2.com/blog-entry-38.html

NaviComputerが一番使える。



Android導入

W-zero3用Android(R1.5) 公開します。
http://d.hatena.ne.jp/dot_h2o2/20100501

と言う記事があるが、
自分のアドエスでそれをやろうとはしていなかったので放置していたせいで、
Wzero3droid_15.zip」が落とせず。

別の方法でAndroidを起動させる。

準備するもの
1.アドエス
2.マイクロSD 1GBか2GB
3.LinuxLoader
4.KernelとAndroid Imageファイル

上記リンクのAndroid Image「Wzero3droid_15.zip」が見付からないので、



動画の作者さんがUPしたファイルを使ってみる。
http://www.megaupload.com/?d=LM4V8MAL

ローダは旧型を使用。
http://llwm.xii.jp/wiki/wiki.cgi?page=LinuxLoader-20081206+snapshot

設定は簡単。
ローダを解凍して、
「LinuxLoader.exe」と「LinuxLoader.parm.sha_pon011sample.txt」
をマイクロSDにコピー。マイクロSDは2GB以内のものが良いと思う。
MicroSDHCでは試していない。
「LinuxLoader.parm.sha_pon011sample.txt」を
「LinuxLoader.parm.txt」と言う名前に変更。
「LinuxLoader.parm.txt」を開いて、

「ImageFile」と「CommandLine」の2行の文字列を変更。

「ImageFile = \microSDカード\zImage」

「CommandLine = root=/dev/mmcblk0p1 loopback=/ndroid.img rw init=/init」

保存終了。

http://www.megaupload.com/?d=LM4V8MAL
から落としたファイルを解凍して、
「ndroid.img」と「zImage」と「ts_patch」をマイクロSDにコピー。

アドエスにマイクロSDを入れる。
ファイルを閲覧するアプリ(GSFinder等)でSDカードの中の「LinuxLoader.exe」と「LinuxLoader.parm.txt」をアドエス本体の「My Document」にコピー。

「LinuxLoader.exe」をタップして放置するとAndroidが起動する。

ボタンは、
menu = 「文字」キー
back = 「ok」キー

なんか快適動作している。タッチスクリーンの反応もかなり良い。
アプリは何にも入っていない。とりあえず動くだけ。それだけでも凄い。
WIFI接続も出来ないし、マイクロSDも認識していない事になっている。
とりあえず日本語表示だけはできた。

Tag:Windows Mobile  Trackback:0 comment:0 

Advanced/W-ZERO3[es] Windows Mobile テザリング

インターネット接続環境を最も安く維持するメモ。

安く手軽に使いたい場合は「どこでもWIFI」をお勧めする。
テザリング Tethering どこでもWIFI

ヤフオクでAdvanced W-ZERO3[es]を落札 ・・・5000円前後。安くて高性能。

ウィルコムストアで月々980円のUSBデータカードを契約 ・・・W-SIMをアドエスに装着

Giraffe アプリカタログ ・・・DLは右下のアイコン。compact .net framework 3.5を単体インストール可能。
アプリはなるべくGiraffeアプリカタログからDLした方が良い。
Opera Mobile
GSFinder+ for W-ZERO3
rlToday
lock2suspend
EasyDial
WIFI ON OFF


テザリングアプリ
全てad-hoc(アドホック)接続
WiFiSnap
WMWifiRouter
ICS Control
DeleGateLauncher 無料

DeleGateLauncherの設定は簡単なので、有料ソフトに金を出す必要は無い。

DeleGateLauncher設定 ・・・WIFI ON、スタート、設定、接続のタブ、ネットワークカード、ネットワークアダプタのタブ、ネットワークカードの接続先を社内ネットワーク設定、アダプタをタップして設定を変更しますを社内ワイヤレスLAN、指定したIPアドレスを使用するにチェック、他の機器と競合しないIPアドレス192.168.12.1あたりを入力、サブネットマスクは255.255.255.0、デフォルトゲートウェイは記入しない、OK。 再びネットワークカードを押す、ワイヤレスのタブ、新しい設定の追加、ネットワーク名記入、社内ネットワーク設定、これはデバイスとデバイスとのad-hoc接続ですにチェック、次へ、オープン、WEP、自動的に提供されるキーを使用するのチェックを外す、ネットワークキー5桁の記入、キーインデックス1、次へ、完了。

ad-hoc接続は無線LAN搭載機器同士のピア・ツー・ピア接続なので、ad-hocに対応していないAndroid2.1までの機器では使えない。

一応は設定すればできるらしい。
ADP1 で ad-hoc 接続成功!

しかし、他の機器の設定も色々弄らないとならず、
WindowsPCで自宅のWifiと外出時のad-hocとを使い分けるには、無線LANアダプタを2つ、それからブラウザも2種類を駆使しないとならず面倒。

手軽に使いたい場合はインフラストラクチャーモード対応の「どこでもWIFI」をお勧めする。それでも十分に安い。
テザリング Tethering どこでもWIFI

Tag:Windows Mobile  Trackback:0 comment:0 

検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。