スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

IS01 Rootだけ

IS01のroot奪取が盛り下がっている。

まとめWiki
http://www22.atwiki.jp/is01next/

どうやらIS01では未来に行けなさそうだ。

もう一度あの言葉を繰り返す。
「未来へ行くなら、rootが取れないauのアンドロイドを買うのは待て。やっぱり、IS01はダメだった。

諦める前にRootだけは取っておく。
Root奪取で盛り上がっていた当時のビルド番号01.00.09のままUPしないでおいたので簡単に終わった。

IS01root_002.apkをPCでダウンロードしてIS01にインストール。
IS01の設定>アプリケーション>開発>USBデバッグにチェックを入れる。
IS01にSuperuser.apkをインストールし実行。

Step1とStep2とStep3をクリアすればRoot奪取完了。
Step3だけは電源を入れ直した時に毎度IS01root_002.apkを起動して実行する必要があるが面倒な事でも無いので実質問題無い。

Froyoへの道は遙か彼方。
スポンサーサイト

Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

日本通信 ideos root カスタムROM FUSIONideos

落としてボロボロになったB-MobileのIDEOSを兄貴から貰ったのでカスタム
IDEOSの使い勝手はHT-03Aそっくりで、タッチパネルに触れずにアプリを起動できるハード方向キーと通話&終話キーがあるのが非常に便利。


スーパーのイオンがideosに差し込むSIMの販売を開始
プランは3つ。
月額980円/月 100kbps
2980円 400kbps
4980円 Mbps
Docomo回線なのでエリアが広い。
通話したい場合は日本通信のIP電話契約480円。

Root権限取得とカスタムROM(FUSIONideos)導入
http://ryubuntu.blogspot.com/2011/04/fusionideos-ideosrom.html

FUSIONideos導入でマルチタッチに対応
非対応のパネルを搭載した端末もあるらしいので以下の方法で確認。
*#*#2846579#*#* と電話番号入力後、
projectmenuを押す>4.を押す>2.を押す
で、synaptics-rmiと出ればマルチタッチ対応、
melfasと出てしまった場合はマルチタッチ非対応。

FUSIONideosを導入その他の効果
オーバークロックで高速化、
バッテリー残量の数値通知、
メモリ管理の最適化、
の恩恵を受ける事が出来る。

マルチタッチ化によってモバイルGoogleマップのベクタ地図グリグリが可能
オーバークロックによって多少のモッサリ軽減
バッテリー残量の数値通知
メモリ管理の最適化によってランタイム向上とモッサリ軽減



インターフェースをカスタマイズ
1.ウィジェットを置かない
2.なるべくシンプルなホーム画面
3.ホーム画面は1ページに収める

ホーム:ADW
ADWテーマ:ADW.Elegant
3Gオンオフ:DataSwitch
WiFiオンオフ:Wi-Fi Status Bar Switch
WiFiテザリング:Wifi Hotspot Settings

あとは適当なアプリと地図アプリを導入してアイコンを配置。Dockは嫌いなので消す。
アイコンを長押しすると編集できるので、出てきた画面のデフォルトアイコンを押すとADW.Elegantを選択できるようになるのでそこから選ぶ。
ウィジェットの無い画面
ideos.jpg

recoveryモードの起動方法
「volume up」と「緑のボタン」を押しながら電源ON


Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

HT-03A 各種カスタム まとめメモ

HT-03Aを3つの機能に特化
1.緊急時の通話
2.カメラ撮影
3.オフライン地図での現在地把握



外装交換
トルクスの6番ネジを締め付けすぎるとネジ切れする。
blueht03a.jpg



Root権限取得
SIMロック解除する場合はAndroid1.5にダウングレードし、ヤフオクでコードを購入
SIMロック解除しない場合はAndroid1.6からRoot権限取得 Universal Androot 1.6.2 beta 5



プリモバイル契約(SIMロック解除済の端末限定)
SoftBank 731SC
プリペイド購入



カスタムROM導入
マーケットからROM Managerをインストール
ClockworkMod RecoveryでIon/MyTouch 3G(GSM)を選択
ROM Manager>ROM管理>ROMをダウンロード
CyanogenMod-6.1 for D/S
APNの登録やGoogleへのアカウント登録とサインアップは全てスキップ
ht-03a35days.jpg
フライトモードのアイドル状態で、電池残量7%の時点で35日と15時間の電池持ち。



無駄な機能を削除
PCからマイクロSDに
1.Titanium Backup
2.RMaps
3.Advanced Task Killer
4.OpenWnnフリック入力対応版
5.ADW.Launcher
6.マイクロSD直下に「rmaps」をフォルダを作成、その中に「maps」フォルダを作成、その中にMobile Atlas Creatorで作成したRMaps用の地図ファイルを入れる

「menu」>「Setting」>「アプリケーション」>「提供元不明のアプリ」にチェック
OI File Managerを起動し5つのアプリをインストール
ホームボタン>下部にチェック>新規でインストールしたADWを選択する
全てのウィジェットを削除
「menu」>「Edit」から1ページ以外削除
壁紙を削除

ドックバーの左右に「ギャラリー」と「カメラ」のアイコンを配置
電源管理のウィジェットは「機内モード」と「明るさ」トグルのみで背景は透明で角は丸くしない
Advanced Task Killerのウィジェット設置
ht03amin.jpg

「設定」>「無線とネットワーク」の中の、WiFiとBluetoothのチェックを外す
「設定」>「CyanogenMod設定」>「入力設定」>「ホーム長押し設定」の中の、「カスタムアプリケーショ」にチェックを入れ
「設定」>「CyanogenMod設定」>「入力設定」>「ホーム長押し設定」>「カスタムアプリケーションを選択」>「アプリケーション」から「RMaps」を選択
「設定」>「CyanogenMod設定」>「入力設定」の中の「音楽コントロール」のチェックを外し
「設定」>「CyanogenMod設定」>「パフォーマンス設定」の中の「ホームをメモリに維持」にチェック
「設定」>「CyanogenMod設定」>「ユーザインタフェース」>「ステータスバー」の中の「バッテリ残量表示」にチェック
「設定」>「表示」の中の「画面の自動回転」のチェックを外す
「設定」>「現在地情報とセキュリティ」の中の「無線ネットワークを使用」のチェックを外し「GPS機能を使用」にチェック
「設定」>「言語とキーボード」>「OpenWnnフリック対応」にチェック
「OpenWnnフリック対応」の設定画面を開いて「候補学習」と「予測変換」のチェックを外す



アプリを消す
Titanium Backupを起動。
画面上部の「バックアップ/リストア」を押す。

必ず残すもの
Advanced Task Killer
ADWLauncher
Androidキーボード2.2.1
Camera360
FlickWnn
OI File Manager1.1.4-rc1
RMaps
ギャラリー1.1.30682
[設定/Bluetooth]...ジの設定2.2.1
パッケージインストーラ2.2.1
[アラーム]時計2.2.1
[SMS/MMS/APN]...情報保存2.2.1
[壁紙/設定]設定2.2.1
連絡先2.2.1
[ボイスメール]電話2.2.1

これ以外を削るが、
あまりやりすぎると挙動がおかしくなるので程々にしておいたほうが良いだろう。
納得行くまで削除して動作確認が終わったらTitanium Backupをアンインストールする。
ht03aapps.jpg
アプリ一覧から余計なものが消えた。
起動画面ループなど、削りすぎて起動しなくなった場合は、電池を抜いて電源を落とし、電源ボタンとHomeボタンを同時に長押しして起動するとリカバリ画面が出るのでROMを入れなおす。
アプリを1つづつ消していってその都度バックアップを取ればギリギリまで削れる。
バックアップ>アプリを1つ消す>再起動>起動成功した場合はバックアップ>アプリを1つ消す>再起動...の繰り返し。
バックアップ>アプリを1つ消す>再起動>起動失敗した場合は電池抜き>電源とHome長押し>リカバリ起動>レストア。
ダメなやり方は、アプリを1つ消す>バックアップ>再起動>起動失敗で、起動しない設定をバックアップした事になり、ROM入れなおしになる。

「ホーム」のハードキーを長押しするとRMapsが起動する



プリモバイルAPN

APN: mailwebservice.softbank.ne.jp
Proxy: sbwapproxy.softbank.ne.jp
Proxy port: 8080
User name: softbank
Password: qceffknarlurqgbl
Server: http://mms/
MMSC: http://mms/
MMS proxy: sbmmsproxy.softbank.ne.jp
MMS port: 8080
その他の項目はデフォルト



黒SIM APN
APN: smile.world
User name: dna1trop
Password: so2t3k3m2a
MCC: 440
MNC: 20


 

Tag:Android  Trackback:0 comment:0 

靴下 スマートウール コンフォートサポートソックス

アウトドア用の衣類を身に付けた時に、あまりの高機能ぶりに驚く事がある。
ゴアテックスのウェアなどの最新素材を使ったものが挙げられるが、もっと驚けるものがスマートウールの靴下だと思う。

今までのウールの靴下はチクチクしたり洗ったら縮んでしまったりとあまり良い印象が無かったが、現在のメリノウール製品はそんな事は無く、寧ろ快適に感じる。
内側が起毛処理してあるのでクッション性が非常に良く、ウールなので湿度調整もしやすく、臭くなりにくい。
夏場だけはPhDランニングライトミニを履くが、スマートウールの靴下の良さが分かるのはPhDアウトドアミディアムクルーあたりの中厚手の製品だと思う。本当に素晴らしい履き心地。

ユニクロにもコンフォートサポートソックスと言うクッション性の良い靴下がある。
綿45%・アクリル25%・ナイロン14%・ポリエステル10%・ポリウレタン6%の混紡なので山登りには不向きだが、多少の吸汗速乾・抗菌防臭機能があるので普段の生活では快適に過ごせる。2足組で1000円なので気軽に使える。

Tag:Out Door  Trackback:0 comment:4 

modu T (3G) が売っている

ニュージーランドのサイトだろうか。あのT-Phoneが売っている。

http://www.mobicity.co.nz/modu-t-3g.html

欲しい。

帯域3Gの900と1900と2100
筐体の大きさ H75mm W46.5mm D11mm
画面 2.2インチ 240x320ピクセル(QVGA)
CPU Qualcomm QSC6270
外部ROM 32GB
RAM 不明
ROM 2GB
抵抗膜方式タッチパネル
OS Manufacturer
WiFiなし
Secondaryカメラなし
Speakerphoneなし
Flash非対応
Bluetoothあり
GPSあり
Radioあり
待ち受け 210時間
通話 3時間
充電端子 microUSB



Tag:Gadget  Trackback:0 comment:6 

Black Diamond Burn

ザックを新調した。

1.30リットルぐらい
2.雨蓋が無くてシンプルなデザイン
3.良質な背面パッド
4.シンプルで頑丈

上記の要望に該当したものはブラックダイヤモンドのRPMだったが廃盤になっており、代わりにバーンを購入。

RPMとの違いを調べたところ、
1.背面パッドと腰パッドが良くなった代わりに重くなった。
2.トレッキングポールを収納するところが無くなっている。
3.サイドポケットがメッシュ素材じゃなくなった。
4.腰パッドにジッパー付きのポケットが付いた。
5.微妙にデザインが違う。
こんな違いだろうか。RPMを持っていないので詳しくは分からない。

背面パッドが良くなった事は嬉しい。
中にはアルミのフレームとポリカっぽい薄い板が入っており、とても背負いやすい。
backpad.jpg
腰パッドの良さも背負いやすい理由になっているようだが、小物入れはGrabBagを装着しているので要らなかった。
なるべくシンプルなザックが良いのでポールホルダーも無くて良かったし、サイドポケットもメッシュだと重い水筒が飛び出す可能性が高くなるので現在の仕様で良かったみたいだ。
購入したMサイズは容量が26リットルのようだが、やたらと物が入る。

モンベルのダウンシュラフ♯3をSeaToSummitのウルトラシル ドライサックMに入れてザックの一番下に押し込む。
stssil.jpg

タイベックの自作ビビィを背面パッド側に置く。
パッド部分の収納には100均のサバイバルシートとplatypusモドキと穴開エア枕。
burnty.jpg

着替えをイスカのウルトラライト ポ-チ7に入れる。
中身は、
Primaloft中綿のタホジャケット(青い袋)
ダウンズボン(底が青い袋)
ダウン靴下(小さくて黒い袋)
スキンメッシュTとか靴下とかジオライン上下とか各2枚づつ
スキンメッシュTは裸だと破れそうなので緑の小袋に入れている
isukasil.jpg
isukasil2.jpg

食料と湯沸しをGraniteGearのシルナイロンバッグ♯3に入れる。
西尾のアルファ米
ペラペラあんころ餅
コーヒーとココア
他に棒ラーメンとふりかけ
チタンカップとウィングストーブと燃料
シリコンの折り畳みコップ
チタンの折り畳み先割れスプーン
granitesil.jpg
モンベルのカッパと一緒に詰め込む。
ザック蓋裏の収納には薬などの小物類とアルコールと予備電池と充電器
granitesil2.jpg
ザック蓋表の収納にはORの目出帽とSeaToSummitの大型速乾タオルを入れているが写真省略。
まだ数リットル分の空きがあるので、サーモスや高カロリーお菓子のナルゲン広口350ミリボトル詰め合わせやウィスキーフラスコなどの嗜好品を入れた。

腰の小物入れにはレザーマンのフリースタイル、ジェントスのパトリオ8とGTR-731Hが入る。
koshipocket.jpg

横のポケットに水の500ミリペットボトルが2本入る。左右で4本。
sideirohasu.jpg
リッジレストとGrabBagを装着
burnout.jpg

飲み物込みで約10kg。
軽くて背負いやすい。

Tag:Out Door  Trackback:0 comment:0 

検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。