スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ゴーゴーナビ GogoNavi iPhone iOS オフラインナビ

画面Offでも音声案内する為、アプリを終了するには「Gogoメニュー」を開いて画面右上の「終了」を押さないと動き続けるようになった。
住所検索で確実に落ちる問題も修正されたので便利になった。
しばらくNAVIeliteと併用していたが、ゴーゴーナビの出番の方が多い。
NAVIeliteは操作し難い。画面が粗い。

評判は地の底まで落ちているようだが、ゴーゴーナビはとても良いアプリだと思う。




以下、2011/6/12の記事

ゴーゴーナビ(GogoNavi)
あまり評判が宜しくないようで、3800円から2800円に値下げした。

動作は相変わらず軽い。
住所検索で、地番の数字選択まで進んで行くと「確実にアプリが落ちる」。(バージョンUPでなおった)
致命的な欠陥だが、使い勝手は良い。
評判は悪いが良いアプリだと思う。
2800円/年は安い。
しかし、3800円/年のNAVIeliteがバージョンアップを重ねて極端に使い易くなったので、
今からこのアプリを購入する必要性は感じない。
でも常用しているのはゴーゴーナビの方。軽くて操作し易く手軽に扱える。
来年契約更新したいとは思っていない。複雑な気持ち。




以下、2011/1/11の記事


GOGOナビ、GoGoナビ、gogo!ナビ、どう書くのだろうか。
EnGIS社
ttp://www.gogonavigator.com/(閲覧注意)


Androidの地図アプリまとめ iPhoneとの比較

にてRoadQuestと比較したが、
販売元の問題を除いては優秀なアプリ。

竹島を独島と表記、
日本海を東海と表記していた問題は解消されたようだ。

RoadQuestはメニューを開くと検索以外の項目も出てくるメニュー一覧だったが、
ゴーゴーナビはメニューを開くと各検索機能の一覧が出てきて、その他のメニューは下段に小さく表示されるインターフェースなのが素晴らしい。
簡易3Dの建物の形は適当なので、東京タワーを見ると高層ビルになってしまう。
gogo東京タワー

徒歩でのナビに対応し、ルート検索結果も細い道を指示してくれる。
逆に「おすすめ」ルートでも細い道を案内するので、知らない場所で急いでいない場合での車のルート案内で「おすすめ」設定だと驚くほど細い道を案内されるので「細道回避」の設定にしたほうが良い。このナビの売りは細かいルート条件設定が可能な事で、この1点だけでも買う価値がある。

「オフライン地図表示」「オフラインルート検索」「オンライン検索(地域検索)」「歩行者モード」「オートリルート」「ヘディングアップ」「地点登録」「経由地設定」「住所検索」「電話番号検索」「50音検索」「周辺検索」「ジャンル検索」「駅名検索」「検索履歴」「簡易3Dモード」「交差点拡大」「道路標識表示」機能対応。

「渋滞情報」「ストリートビュー」「音声検索」「オービス案内」「フェリー利用」「ルート登録」「緯度経度検索」には非対応。「ルート登録」はルート編集時に名前をつけて保存する項目があるのだが、どうやってそれを取り出すのか分からなかったので、とりあえず非対応の方に入れておく。

住宅の表示ができないので標準の「マップ」を捨てることはできないが、
日本国内であればどこに居ても目的の検索と音声で走行ルートを教えてくれる十分なナビ機能を持つアプリ。

NAVIeliteも購入したが、一長一短あり、一方が優秀とは言えなかった。
Gogoナビの特徴は、動作が軽く、iPhoneのインターフェースに最適化されていて、ルート検索が優秀な事で、
NAVIeliteの特徴は、渋滞情報に対応していて、住宅の表示が可能な事なので、
特徴が全く違う。
かと言って使い分けが出来るかと言われるとどちらか1個で十分なので悩ましい。

Tag:iPod iPhone iOS  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。