スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ミニライト比較 Lite Light GT-04S SK-10G 白色LEDキーライト Tag Light

Lite Light
小型懐中電灯を英語にするとこう呼ぶのだろうかと意味を調べたら
LiteもLightも同じ意味らしい。
そうなるとLightLightでも良いのだろうか。
常に持ち歩く小型の懐中電灯は何が良いのか比較してみた。
比較するミニライトは4種。
LiteLight1.jpg

左から、
オーム電機(OHM) GT-04SSV
GENTOS(ジェントス) SK-10G
丸七株式会社 白色LEDキーライト
ABITAX Tag Light(旧型)

価格は大雑把に、
GT-04SSV 600円
SK-10G 750円
白色LEDキーライト 100円
Tag Light 1500円
Tag Lightだけ1000円オーバー

電池は、
どれもボタン電池やコイン電池使用なのでランニングコストは悪いが、
連続点灯させる代物では無いのでどうでも良いだろう。

フックの出来は、
Tag Lightが小さく素晴らしくデザインされており、
着け外しを頻繁に行う用途ではSK-10Gのフックはベストな大きさと使い勝手、
GT-04SSVのフックは大きいくせに貧弱だったので捨てた。
白色LEDキーライトのはただの大きい輪だったので論外。

明るさは、
LiteLight2.jpg
SK-10G>GT-04SSV>>白色LEDキーライト>>>>>>Tag Light
SK-10GとGT-04SSVはLR41電池を4個使用する事と、大きさもLEDの感じも似ている。強烈に明るい。
100均セリアで買った白色LEDキーライトはリフレクターなしの裸LEDなので光が散ってしまっているが十分すぎる明るさ。
Tag Lightはかなり暗めだが、電池を数年交換していないので残容量が少ないのかも知れない。
手元を明るく照らすにはどれも問題ない明るさだが、遠くを照らすにはTag Lightは厳しい。

前置きはここまでにして、実用するにはどれが良いか考えてみる。
4種のライトははっきりと2つの用途に分けられる。
GT-04SSVとSK-10Gは筒状で重いのでポケット用。
白色LEDキーライトとTag Lightは薄くて軽いのでジッパーの持ち手用。SK-10GとGT-04SSVもジッパーに付けられなくは無いが、ジッパーを上げ切った状態でジャンプすると顔にライトが当たって危ない。
万能さで考えると100円の白色LEDキーライトがポケットにも持ち手にも対応できる大きさと明るさなので、1個だけしか持たない場合は白色LEDキーライトが最高の選択になるだろう。
しかし、存在を忘れるほど軽くて小さくデザイン性の良いTag Lightの方がジッパー向けで、明るさと防水を考えるとSK-10GやGT-04SSVの方が便利なので、ライト2つを持つ事を気にしないのであればポケットにSK-10GかGT-04SSVを入れておく方が便利。

SK-10GとGT-04SSVの比較は、
大きさと重さに関してはほぼ一緒で、少しだけGT-04SSVが大きい。見た感じの大きさは黒いアルマイト加工のSK-10Gの方がずっと小さく感じる。黒アルマイトは他の金属小物と一緒に持ち歩くと色が剥げるだろう。
明るさはSK-10Gの方が若干明るい。リフレクターの差になるが、SK-10Gがつるつるなのに対し、GT-04SSVは深いヘアライン加工がされている事と、GT-04SSVの光の照射が拡散気味なので差がついている。
光の色はSK-10Gの方が少し青みがかっている。GT-04SSVは真っ白。どちらも同じLEDを使っているように感じるがSK-10Gのリフレクターが黒いので青みががってしまうのだろうか。
大きさや明るさに関して比較してはみたが、どちらも大差なく好みで済むと思う。
しかし、両者には1つだけ大きな違いがある。ライトのオンオフはどちらも胴のネジを締めてオンになるのだが、
GT-04SSVはネジ切りの遊びが大きく、SK-10Gは遊びが殆ど無い。
GT-04SSVは完全に締め切ったオンの状態から緩めてオフになるまでに1/3回転を必要とする。しかし、遊びが大きいので本体に触れると1/2回転緩めた状態でも点灯してしまう。発光部分を押し付けながら緩めて行くとオフになるまでにほぼ1回転も必要になる。ポケットに入れておく場合は安全を見て1回転半ぐらい緩めておかないとならず、点灯させるためには結構回さないとならないのでとても面倒。
SK-10Gは遊びが無く、点灯状態から少し緩めるだけで消灯し、押し付けながらでも1/4回転で消灯する。半回転も回しておけばポケットに入れていても勝手に点灯する事は無いだろう。
ここまで書いてしまうとGT-04SSVはダメなライトになってしまうが、遊びが大きい事の利点もある。半回転ぐらい緩めた状態で本体を「く」の字になるイメージで持つと点灯してくれるので、いちいち回してオンオフせずに済み、灯けたり消したりを頻繁にする場合の使い勝手が非常に良い。

結論は、
1つだけ持つのであれば白色LEDキーライト。
使い分けるのであればジッパーにTag LightとポケットにSK-10Gを使い分け。
メインのライトの代わりに常用するのであればGT-04SSV。常用する場合は50個680円で売られているLR41ボタン電池を買えば燃費が良くなる。

Tag:Out Door  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。