スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

IBM WorkPadの皮を被った中華MP5

IBMのWorkPadをジャンク屋で入手した。
使っていなかったようで外装ピカピカ。動作も良好。
使ってみると今でも実用できそうな感じだが、他の機種の中身を移植したい。
CHUWI J4を無計画に組み込む気でいたのだが無理だった。
workpad2.jpg
workpad3.jpg

縦80mm 横60mmの液晶画面なので4:3の4インチであれば外装加工せずに取り付けできそうだが、
探しても該当する機種が見付からない。
発想を換えて、横幅60mmに合う16:9の2.8インチを組み込んで、余ったスペースにヘッドホンアンプの回路を入れるなんて事も考えてみた。
数年前によく見たiPhoneパクリの2.8インチMP5プレーヤーあたりと、オペアンプ式のOPA134ヘッドホンアンプで合成写真をつくってみた。
workpad4.jpg
やらない方が良さそう・・・ よく見ると、この2.8インチMP5プレーヤー4:3だ。

金星 JXD100が2.8インチなので試しに合成。
workpad5.jpg
奇妙な感じだが黒い筐体の方にすれば違和感なく合体できそう。と思っていたところ、2ちゃんねるで4:3とのご指摘があり断念。

3インチのONDA VX310で妥協するしかないか。

 

Tag:Headphone  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。