スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

YAMAHA HP-2の修理

ヤマハ HP-2 オルソダイナミックヘッドホン

ProductsDataBase YAMAHA YH-5M HP-1 HP-2 HP-3
Yamaha Orthodynamic Line Overview

パイオニアSE-M290のヘッドバンドで補修していたが、安っぽいビニールの質感とパイオニアのロゴが嫌で取替えのついでにメンテをする。



HP-1とHP-2はドライバ以外の部品は共通。
YAMAHAのヘッドフォン
HP-1のメンテ記事




サービスマニュアル



サービスマニュアルを見ながら分解。

イヤーパッドがバッフル面に接着されているので引き剥がす。
0パイオニアのバンド

剥がした所にテープが残るが、その下にプラスネジが5箇所隠れているので見つけ出してネジを外す。
1バッフル

磁石に穴の開いたドライバが見えるのでそれを外すと、その裏にスポンジが入っている。
手持ちのHP-2は中のスポンジが溶解していて、ハウジング内に飛び散っていた。
それを全て取り除く。
2中

ハウジングの空気抜きのスリットのところにも黒いフェルトが入っているが、
これは利用出来るので、元の状態を覚えておきながらそっと取り除く。

中が余りに酷い状態だったのでドライバがダメージを負っている可能性がある。
状態の良いHP-50Aから取り出したドライバと入れ替える。
ヘッドフォン博物館の写真ではHP-2のドライバの穴が四角形のものが写っているが、
HP-1とHP-2の差異
手持ちのHP-2のドライバはHP-50Aのものと全く同じだった。
スポンジの劣化具合を考えるとドライバを入れ替えたとは思えない。
下の写真で配線が繋がっている綺麗なドライバがHP-50Aのもの。
青錆が目立つのがHP-2のもの。
(HP-50のドライバの金属部品についている透明な物体はホットボンドで、気休め程度の効果しか無いだろうが低音再生時の余計な振動を抑えるために施した)
お互いのドライバの音の違いも確認したが、全く一緒。
製造時期によって異なる仕様なのかも知れないが、
HP-2 = HP-3 = HP-50 と言う事が予想される。
磁石の研磨痕が違うが、手持ちの9個のオルソダイナミックドライバを確認すると、製造時期によって研磨方法が違っているようだ。今回入れ替えるドライバは製造年が新しいものと予想。
3ドライバ
4ドライバ側面

アルコールで中を念入りに拭いて、黒いフェルトを元に戻し、取り除いたスポンジの代わりに水槽濾過用のフィルター(金魚フィルタ)を入れてドライバを元に戻す。
5組み込み

蓋をしてネジを締める。



ヘッドバンドとイヤーパッドの交換記事。
ヘッドフォン YAMAHA HP-2

本革を加工して作ることも考えたが、
上の記事を見てしまうと audio-technica TH-380AV を買わざるを得ない。
コードが長い。
6TH-380AV.jpg

TH-380AVは予想に反して音は悪くない。
量販店で売られているものでこれよりも安いヘッドホンはaudio-technica ATH-P100Mぐらいしか無い。
スポンジパッドでは無くまともな形状のヘッドホンでこれよりも安いものは売っておらず。
競合品はツタヤ・DIY・ダイソーあたりの機種だが、それらと比べて見た目も良く、音はかなり良い。
勿体無いが分解。

YAMAHA HP-1の補修
ではヘッドバンドの側圧の問題を指摘しているが、TH-380AVのヘッドバンドは中身が金属製なので、伸ばすと真っ直ぐになる。
このまま取り付けてしまうと逆に側圧が弱くなってしまうので、頭にあてて自分の頭の形にぴったりフィットするように微調整。
SE-M290のバンドが幅広だったので装着感が少し悪くなったが、HP-2のデザインにはTH-380AVの細身のヘッドバンドが似合う。
8ヘッドバンド比較

イヤーパッドの大きさもTH-380AVとほぼ一緒で、無加工で取り付け出来るが、厚みがHP-2のものの倍近くあるので、新しいうちは標準状態よりも装着した際の見た目が変わる。弾力も全く違う。残念ながら音色も変わってしまう。
パッドの材質は安っぽいペラペラのものなので、しっかりしたものが欲しい場合はPioneer SE-MJ21のものがジャストサイズで弾力も良い感じ。その代わりヘッドバンドを別に調達しないといけない。多分ATH-FC700のパッドも合うと思うが部品取り用としては高価すぎる。
7パッド側面

両面テープで貼り付けて完成。
生まれ変わった。
9完成

しかし、TH-380AVのイヤーパッドは耳の油がつきやすく、ふき取ろうとしてもパッドのシワが邪魔して面倒。少し使ったところで我慢できなくなってSE-MJ3のイヤーパッドと交換した。
HP-2標準の状態よりも間違いなく質感が上がり、自己満足度の高い逸品になった。
se-mj3.jpg

HP-2をポータブルで満足に駆動する事の出来るヘッドホンアンプが市販品では見つけられなかったので自作する。
YAMAHA HP-2専用 ポータブルヘッドホンアンプ自作

Tag:Headphone  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。