スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

マルツ LHPA-DIA_BUFFER-KIT

マルツのヘッドホンアンプキット
LHPA-DIA_BUFFER-KIT

●仕様
オペアンプ + トランジスタによるダイヤモンドバッファ 類似 SAITAMA-HA7
トランジスタによるカレントミラー電源分圧 類似 Simple Class-ABの電源部
アンプ基板サイズ 72mm×47mm おまけのボリューム&ジャック取付基板は別
電源5V~12V アルカリ乾電池4本~8本 or エネループ6本~10本 or 006P電池1本
消費電力 5V≒約45mA 9V≒約80mA 12V≒約90mA
006Pだと約9Vで約80mAも消費するので放電量に問題があるらしい。



●リンク
「LHPA-DIA_BUFFER-KIT」を簡単に弄ってみる。
マルツで売ってるリンクマンのLHPA-DIA_BUFFER-KITを作ってみた。
LHPA-DIA_BUFFER-KITを作り直した

記事が少ない。



●ケースの問題
2万円以下の市販品よりも良い回路なので、価格と音だけを考えれば非常に良い。
問題点は、ポータブル用途での大きさで、おまけの基板を使用する場合や無加工でケースに取り付けたい場合はタカチのMXA2-8-12Sになり、かなり大きい。
おまけ基板とアンプ基板を切り離した上で、基板を2mm削ればタカチMXA2-8-9Sが入るが、幅と高さを変えずに奥行きだけを詰めても小さくなった気がしない。
もう一つの問題点が、おまけ基板をケースに取り付けた際の格好の悪さで、パネルの面積の割にはボリュームとジャック2個しか付いていないので殺風景になる。ボリュームは市販品では貴重なスイッチ付きの2連ボリュームを使用するので入手が困難。アルプスのRK0971221Z05を探すか、秋月のアンプのものを流用するぐらいしか思い浮かばない。

おまけの基板は使わずにパネル取付の部品を選んだ方が、ケースの選択肢が広がって良いだろう。



●使用部品について
ケースをタカチMXA2-8-9Sにしても、電源のコンデンサKZHの背が高くてケースに入らない。OSコンなどの小型のものに変更しないといけない。
回路基板の原型は間違いなくこれで、オリジナルがGRランクのトランジスタなのに対し、キットのものはYランクのトランジスタになっている。

抵抗やコンデンサについては十分な品質で、交換しても大きな音質の差は得られない気がする。



●音質について
これまでに
AE-HPPML
OP-NJM4556A-25
DKAMP1
を組み立てたが、ポータブルで普通のヘッドホンを繋ぐ場合はどれも大差ない。
据置き用途であれば好みとしては
DKAMP1 > LHPA-DIA_BUFFER-KIT >>> AE-HPPML >>>>>> OP-NJM4556A-25
になる。
駆動力は
LHPA-DIA_BUFFER-KIT ≒ OP-NJM4556A-25 ≒ DKAMP1 >>> AE-HPPML
で、
AE-HPPMLは低音が出るものの乾電池4本の電圧ではYAMAHA HP-2には使えなかった。
OP-NJM4556A-25は粗がありすぎて駆動力以前の音色。
DKAMP1はゲイン2で7.2V駆動なのに何故かHP-2でも濃厚な音が鳴る。
LHPA-DIA_BUFFER-KITは他のアンプよりも全てにおいて上回るが、
そのまま組んだだけでは大きすぎて使い物にならない。

どうせならば24V対応にして据置きか、006Pを2本使った音質重視の仕様にした方が中途半端感が無くなって良かったのではないかと思う。



●写真
上段がDKAMP1
中段がAE-HPPML(秋月ヘッドホンアンプ)
下段がLHPA-DIA_BUFFER-KIT(マルツヘッドホンアンプ)
DSC00762.jpg
DSC00764.jpg
DSC00767.jpg

ポータブルにはchumoyアンプA47の方が良いだろう。

Tag:Headphone Amp  Trackback:0 comment:2 

Comment

人々柱 URL|Re: 結構いい音してます
#- 2010.05.16 Sun21:31
コメントありがとうございます。
このアンプはタカチのHENに納めるのがベストっぽい気がしますね。
MUSES02はどんな音がするのでしょうか。仕事が落ち着いたらアンプ作りに復帰しますので、次はMUSESを買いたいです。
これからも暖かく見守ってくださいませ。
ありがとうございます。
 |管理人のみ閲覧できます
# 2010.05.15 Sat20:49
このコメントは管理人のみ閲覧できます
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
検索
コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。